きらきら、おほしさま

主にゲームの感想ブログです

白と黒のアリス【レイン】感想

女王の側近の黒うさぎ。全ては女王を守るため、黒の世界の平和のため。

以下ネタバレです!!!!!!!!

 

f:id:yukimelo:20170704014620p:image

 

 

クーデレに期待してはじめたレインルートだったのですが、レインがデレを爆発させてた状況が面白すぎたんだけど、わたしはすでにレインかわいい〜〜〜♡フィルターがかかっていたので、余裕で萌えておりました( ´ ▽ ` )

やっぱりギャップって最高に萌えますよね。

 

でも途中で、アイリが二度と白の世界に戻れないことを立ち聞きしてしまったときとか、ミネットに白の世界の記憶を忘れる薬を飲まされたり、白の世界の両親とは血が繋がってないことを知ったときのアイリの孤独を考えるとかわいそうで、プレイしててつらかったなあ。

レインからすると「好き」だから、泣いてる姿を見たくないから、ルナを連れ戻すと嘘をついたり、ミネットに薬の配合を変えさせたり。アサギとアイリが一緒にいるとイライラして何度も斬りたいと思ったりしてたんだけど。

結局言葉が足りないから伝わってないってスノウに言われるんだけど。まあでも本人も無自覚だったから、そりゃみんな混乱するよね(笑)

本人がいちばん混乱して「彼女の心が100%分かる本」とか読んでたくらいだしwwww

 

あと、レインが黒の世界を平和にすることに一生懸命だったところも回収してくれました!

子供の頃に白の世界に飛ばされて、鏡の向こうで「戻りたい」と泣いてるアイリと、鏡を通して「必ず平和な世界にして迎えにいく」と約束をしたレイン。そんな経緯があって、文字通りアイリを迎えに来たわけですね。

レインはこの事を忘れる薬を飲まされ、アイリも白の世界にいたから黒の世界のことは忘れて覚えていなかったけど、ここのくだりは少女漫画のようなおとぎ話感があって、個人的に胸キュンでした(*´ω`*)

余談ですが、わたしはてっきり生まれてすぐ白の世界に飛ばされたのだろうと妄想していたので、まさか少し成長してからの出来事だとは驚きました(笑)

 

エンディングのレインに関してはブラックエンド一択。ホワイトエンドはわたし的にはバッドエンドにしか思えず・・・。

レインが黒の世界を捨てて白の世界を選ぶのはどんな理由なんだろうと、少し楽しみだったんですけど、アイリが無理やりレインを鏡に突き飛ばしたということは、レインが白の世界を選ぶことはどんな状況でもありえないということなのかなと。

 

2人が生き残るためには白の世界に来るしかなかったのは分かるけど、ルナを黒の世界に戻して鏡をわったということは、本人も言っていたように「黒の世界を捨てた」ということ。

ルナや黒の世界に愛着が湧いてしまっていた身としては、アリスが暴走してしまったらルナや国はどうなるのだろうと考えざるをえない。

アイリ編だからとはいえ、これをグッドエンドと呼ぶのはちょっと複雑でした。

 

スノウを最後に持って来た方が良いとか、アイリルートは糖度少なめと言われていたので、ちょっと失敗したなぁと内心心配していましたが、わたしはレインを最後に持って来て良かったと思いました!!

スノウは大団円要素が詳しくかかれているから、先にプレイしたことで逆にレインのルートが違和感なく終われたと思ってます。

 

 

 

※「白と黒のアリス」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社・株式会社工画堂スタジオに帰属します。