きらきら、おほしさま

主にゲームの感想ブログです

武蔵坊弁慶〈恋愛〉〈蜜月〉ルート 感想

いつも笑顔で優しく神対応してくれるけど、常に色んなことを考えている人。でも弁慶さんが向かっている先はひとつで、戦を終わらせたい。それだけ。

時に冷たい意見を言うこともあったり、本音の部分はどう思っているんだろう?と疑いたくなるときもありますが、決して裏表があるわけではなく、本当は穏やかな人。

 

f:id:yukimelo:20170411005511j:image

 

恋愛ルートの、福原での戦いが終わったあと、みんなから離れてこっそり平家を追撃した弁慶。それを見てしまった望美にせめられたときに、弁慶さんは「やっぱり、君に嫌われたくないですからね。少し考え直してみます」と、笑顔で対応するんだけど、望美を傷付けないように意見を飲み込んだフリをしてくれて、大人の対応だなあと思いました。

結局、望美は見ちゃうんだけど。

でも、そうしないとその兵士たちの分、次の戦で源氏側がやられてしまうから。その理由を聞くと致し方ないのかなって思ってしまう。

 

途中、弁慶さんが源氏を裏切るという話を聞いていた望美。それが現実に。

「君たちと一緒では戦を終わらせることはできそうにない。だから、平家に寝返ることにしました」

そう言って望美を人質に取る弁慶。

「人質だというならそいつは離せ。鎌倉殿の名代として俺が行く」

ここの九郎さんカッコイイ!!!!やっぱり九郎さんすき!!!!!

弁慶さんも、実は本気で裏切ったわけではなく、裏切るフリをして、戦を終わらせるために清盛と相打ちする気でいました。

弁慶さんが清盛と一緒に消えてくから、選択肢間違ったかと思って、ちょっと焦ったんだけも、スチル出て来たから大丈夫だなと、安心しました。そうだった、みんな一回死ななきゃ幸せになれないんだった。

 

清盛との戦いが終わったあと、弁慶さんに「どうかこの世界に残ってくれませんか」って言われるんだけど、一緒にいたいとかじゃなくて、こっちの世界に残って欲しいって言われたのはなんだか新鮮でした。

弁慶さん以外も言ってたのかな。記憶ぶっ飛んでますけど(笑)

 

後日談の望美が妄想している「やれやれ…いい加減退屈な暮らしにも飽きてきました」の、腹黒弁慶が個人的に面白かったです。

本編ではあんなに弁慶さんのこと信じてきたのに後日談ではまさかの疑いをかけられる弁慶さん。お気の毒です。

 

 

十六夜ルートで、宿の子と一緒にかくれんぼをしているときに、望美と弁慶が同じ場所に隠れている時の会話。

「こんな日常に、僕は浮いてはいませんか?」

なんかこの台詞がすごく切なくて寂しかったのを覚えてる。大丈夫だよ弁慶さん。

清盛との戦いのとき、弁慶が八葉で災難だと言われ「確かにドキドキすることは多いかも」を選んだら、いつもの甘い言葉を吐く弁慶さんになり、照れる望美が見られます。

そして清盛に、我の前でいちゃつくな!!!!と怒られます。ごめんなさい清盛さん。

 

戦いの後、九郎が鎌倉殿に追われることが分かっていたであろう弁慶。望美だけを元の世界へと返し、弁慶は残ります。

そして、自分には策がある、と、九郎を先に逃がし、追っ手からの矢を体一つで受けたところで、目の前には何故か望美の姿が。

「私はもう白龍の神子じゃない。ただの春日望美」と言って、望美が剣を抜くんだけど、ここでまさかのエンディング

そのあと、現代絵のスチルと弁慶の独白で終わるから、きっと後日談で、ここまでの経緯があるんだ!!!と思っていたら、後日談はまさかの回想

 

ちょ、待てよ!!!!!

 

どうしてそうなったのか教えてくれ。

多分、そのまま逆鱗使って現代行ったって感じなんだろうけど、弁慶さんめっちゃ矢が突き刺さってましたけど大丈夫だったの!??

そして、なんていうか、九郎達を置いてそのまま弁慶さんだけ現代来ちゃったの…?と、九郎好きとしては少しモヤッとしました(´・ω・`)

 

九郎さんのその後は、九郎さんルートのように、外国とか遠い場所で幸せに暮らせてると信じたいですけれども。

何だかスッキリしない終わり方でした。