きらきら、おほしさま

主にゲームの感想ブログです

白と黒のアリス【ミネット】感想

黒の世界では愛日梨の話し相手。

えか

 

f:id:yukimelo:20170630004918p:image

 

アイリに対して可愛いだの好きだの甘い言葉を散々言って外へ連れ出しておきながら、途中で1人で帰って、なんの悪びれもなくまた会いに来てデートに誘うミネットだったので、正直最初はキライでした。

なにか理由があるのは分かるんだけど、ちょっと男としても人としてもどうなの!?(笑)アイリもアイリで、そんな扱いをされてるのに、何故怒らず、不安に思いながらもデートに着いて行くんだろう?と疑問しかなかったですw

 

ミネットの「なにか」の部分関しては、小さい頃に魔法の腕を買われて、公爵夫人に不自由のない生活をさせてもらう代わりになんでも言うことを聞くという生活をしていた「契約」があったことが分かったので、描写はなかったけど途中でいきなり帰宅していたのも夫人の魔法のせいだったんでしょう。おそらく。

でもアイリはミネットに動けないように薬を飲まされて監禁されていたのに、途中で自由の身になった途端、お姫様抱っこされたりご飯を食べさせてもらうことで、急にミネットを意識してときめきだしたので、ついていけませんでした( ̄▽ ̄;)

 

いきなり黒の世界に連れてこられたとはいえ、アイリはわりと接触して来た人間をすぐに信用して流されてしまうタイプのようなので、レインがあれだけ心配して怒るのも頷けます。

ネロの時も

 

 

 

 

そんなレインの言葉で心に刺さった言葉があったので、メモしておきます。

 

「ミネットが信用出来ないのか?なにを話しても互いの力で解決できると信じられるなら、躊躇はしないはずだ」

「欲しいなら、まず自分から差し出せ。信用を得るというのはそういうことだ」

 

 

 

 

ミネットのホワイトエンドはアイリを卒業させて白の世界とお別れしてから黒の世界に来てもらうという、今までと違うパターンで来たのが良かったなぁと思いました。

あとホワイトエンドのバッドエンドの方が、誰もトチ狂うことなく、ただただミネットとお別れするという乙女ゲーらしいバッドエンドで、逆に物足りなかった(笑)

 

 

 

※「白と黒のアリス」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社・株式会社工画堂スタジオに帰属します。

白と黒のアリス【ネロ】感想

なんかネロについて前置きを書きたいのに、何を言ってもネタバレになりそうで。

とりあえずただの明るいうさぎちゃんではありません。格差社会ってツライ。

以下ネタバレ注意!!!!!

 

f:id:yukimelo:20170628015111p:image

 

続きを読む

白と黒のアリス【スノウ】感想

黒の世界でも白の世界でもルナのお世話係。

スノウルートで初めてお目にかかった「アサギ」と名乗る男。あるものを売って商売をしているらしい。アサギの手によって、黒の世界で広まる「呪いの女王」の噂。

スノウルートは色々と核心をついてくるので、もしかしたら攻略は最後の方がいいのかもしれない。

以外ネタバレです!!!!!

 

f:id:yukimelo:20170628003013p:image

 

続きを読む